豊後・米仕上牛

豊後米仕上牛ロゴ 給与

豊かな自然に囲まれた豊後・大分県でこだわりの牛肉作りに取り組んでいます。
安全・安心のキーワードをしっかり受け止め、できるだけ輸入飼料に頼らない大分県産のコメ・稲わらを餌に与え育てています。

・豊後・米仕上牛の条件
イネ 出荷前12ヶ月間に大分県産の飼料用米200kg以上与えた牛が豊後・米仕上牛になります。
・肉質について
肉質 肉脂肪中に多くのオレイン酸を含み、しっとりとした旨味とやわらかい肉質で、肉の脂にはクセがなく脂っこくないため、肉の脂が苦手な人でもおいしく頂けると好評を得ています。
弊社の肉牛のオレイン酸含有率は平均53%です。
・豊後・米仕上牛の取り組み
牛マーク  2009年に飼料用米を牛の餌として大分県内ではじめて試みるため、熊本県菊池へ視察研修に行きました。その後3年間はいろいろ模索しながら飼料用米を給与し、徐々に品質のよい牛ができるようになりました。
その頃、大分県北部振興局からブランド化に向けた取り組みを推し進めて頂くことになり、【豊後・米仕上牛(ぶんご・こめしあげぎゅう)】が誕生することなりました。
2012年より、豊後高田市近郊の畜産農家2戸も仲間に加わり、大分の新しいブランドして育てていきます。
2013年3月11日には、豊後高田市の「ホテル清照」において、【「豊後・米仕上牛」販売報告会】を開催いたしました。飼料米耕種農家の皆様や食肉販売業者の皆様に参集して頂き、お礼を申し上げるともに、これからのご支援ご協力をお願いいたします。
今後は、飼料用米を与える畜産農家の増加を図るとともに、ブランドの定着化に向けて、より一層努力していきます。

我々の愛情がたくさん詰まった牛肉【豊後・米仕上牛】を是非一度ご賞味して頂けたら幸いです。

豊後・米仕上牛
【豊後・米仕上牛】をお求めの際は、「のぼり」のある販売店、又は弊社までお問い合わせください。