オレイン酸

オレイン酸は牛肉に含まれる主な脂肪酸の一つです。オリーブ油等の植物油にも含まれています。
オレイン酸含有率が高い牛肉は、サシが多くても風味が良く、サラサラとまろやかな口当たりとなることから、オレイン酸は”おいしさの決め手“と言われています。
また、血中コレステロール値を低下させる働きがあり、健康にもいいと言われています。

参考:新時代おおいたのページ>新時代おおいたNO.73